また、野球観戦 ロッテ オリックス戦

今日はマリーンスタジアムは、ビール半額デイ。その上スターボックスシートのチケットを頂いたので出かけました。雷雨注意報がきになりますが、誰も見に来ていないではチケットをくれた選手に悪いので一人で観戦です。


結局、雨は降らず、空席は会社の若い女性二人が来てくれて、家族席は埋まったので恥を欠かせずに済みました。

今日はロッテの快勝で満足して帰りました。

終活として庭を砂利で被う

千葉の家の庭の一部は、4方を囲まれて、陽があたらない所があり、ドクダミがはびこっています。このドクダミ、地下茎で次々に新芽が生えてくるので、容易には駆除できません。しかも、日陰なので庭作りの草花も難しく、放置しているとこんなになってしまいました。
雑草

これから年取っていくとこのドクダミを地下茎から取り除くことは、大変な負担になるように思います。そこで、表面の草刈りだけして、防草シートで覆ってしまいました。
防草

シートの上から砂利を播いて完了です。砂利は総量 480kgにもなりました。
砂利

こうしてもドクダミは少しは生えてきますが、除草剤で逐一駆除続ければ、なくなるでしょう。

15年飼ったピラニアの最後の1匹が逝ってしまいました。今から大型魚を飼うと15年くらいは生きるでしょうから、小生よりも長生きかもしれません。もう一つの終活として、大型水槽を撤去することにしました。今週は終活2件です。

やっとアオハズクが巣立ちした

写真が暗くてアオハズクの表情が見えなかったので、明るくして再掲載しました。

千葉に戻ってから毎日、日によっては朝晩アオハズクの巣を見に通いました。昨日の夕方 7時に巣から4羽の雛が巣立ったそうです。
今朝、5時に見に行くと、すでにカメラマンが20人くらい来ておられました。しかし、肝心の雛は目をつぶって全く動かず、絵になりません。

あきらめていったん家に帰り、9時にもう一度見に行くと、最初は5時と全く同じ場所で、向きも同じ。4時間もじっとしていたのかと感心します。次第に人が増えていき、50人くらいはいたでしょうか。そんな人たちの一部の人が、民家の前に路上駐車して、住民の方が怒っていました。それでも知らん顔を決め込む不心得者が一人。住民は、「来年から営巣しないようにしてやる」と。
カメラマン

がっかりして帰ろうとすると、雛たちが動き始めました。すると母鳥が寄ってきます。
アオハズク一家1

時々羽ばたいて飛ぶ練習です。
アオハズク一家2


雛が母親に甘えたりします。
アオハズク一家3

千葉のアオハズクの巣立ちはまだだった

そろそろアオハズクの巣立ちの時期なので様子を見てきました。去年は16日だったので少し早いかも知れません。
現地に着いてみると、たくさんの顔見知りのカメラマンが来ておられ、さっそく「まだ出てないよ」と。残念

親鳥が1羽だけ巣の前の枝に止まってじっとしています。去年と同じような写真なので、証拠に1枚だけ掲載しておきます。
アオハズク

巣穴では時々ヒナが動いて頭だけ見えるそうですが、顔を出して外を興味深く眺めることをしないので、巣立ちはまだまだのようです。

中村農場の卵

八ヶ岳 大泉には鶏肉で有名な「中村農場」があり、ここが経営する食堂の親子どんぶりは相当な待ち時間を覚悟しないとありつけないほどの人気店です。

今日、千葉に帰るのに、ここで販売している卵を買って来ました。10個入りで税込み1080円です。
卵1

赤卵です。
卵2

黄身はオレンジ色が濃く、盛り上がっています。これを解くと、白身の切れが良く、簡単に混ぜられます。
肝心の味ですが、これは美味いとしか表現できません。1個 100円ですから高いように感じますが、よくよく考えると鮭の切り身よりやすい。味の良さは100円でもおかしくない卵ですので、自分で食べるなり、お土産にしてもお勧めです。
卵3
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -