ちょっと残念な御神渡りからイスカ撮影に

新雪を被っていた御神渡りは迫力がないらしいが、昨日は雪が風で飛ばされて、それらしくなったようなので、諏訪湖に行ってみました。諏訪は底冷えしますね。八ヶ岳の1200mのところより寒い。皮膚にピりっときます。車でゆっくり走りながら目視で探してもそれらしいものは見えず。諏訪湖ランドのところにわずかに所々50cmほどか盛り上がった氷かありますので、携帯で撮影してみました。
諏訪湖ランドの受付の女性に聞くと、低いながらも御神渡りだそうです。写真の白い部分ではなく、その奥にとっても小さいですが、氷が割れて盛り上がった黒い影がそれですと。下諏訪の方がもっと良く見えるらしい。それでも、膝上くらいの高さのようなので、退散しました。


早々に帰って来てまた野鳥です。でも、イスカしかいませんでした。
まずはイスカ夫人の肖像です。
18-02-06_00001_01.jpg

お食事中です。
18-02-06_00001_05.jpg

18-02-06_00001_02.jpg

もうイスカはペアーになっています。次は、旦那さんの肖像。
18-02-06_00001_03.jpg

18-02-06_00001_04.jpg

18-02-06_00001_06.jpg

よく見ているとイスカって、松ぼっくりを取って運んでから食べるのですね。
18-02-06_00001_07.jpg

そして最後に定番の雪山をバックに夕暮れのコミミ。
18-02-06_00001.jpg

八ヶ岳で一日中野鳥探し イスカ、マヒワ、コミミなど

今日は朝から一日中野鳥を探していました。朝 9時前で気温は-8℃でした。

目的はベニヒワで、ヒワが多いと所に行ってみると、車が2台留まっていて、やはりベニヒワ探しの人たちでした。話しているうちに、ハギマシコとコミミの場所を教えてほしいと頼まれ、車で案内しました。群馬から3人、TRTさん、NSさん、埼玉からHKNさんです。野鳥写真家方々とのどんどん顔見知りになります。皆さん今日はありがとうございました。また、どこかでお会いしましょう。

小生一人、元の場所に戻ると、目の前の松にイスカが3羽止まっています。一人だけなので、逃げでも良いつもりで10m以内まで接近して撮影できました。
18-02-05_00001_07.jpg

18-02-05_00001_05.jpg

18-02-05_00001_06.jpg

イスカの場所のすぐ近くが、ヒワの場所でマヒワの群れが入っていました。
18-02-05_00001_04.jpg

18-02-05_00001_02.jpg

マヒワに混ざってベニヒワを期待したのですが、そうはいかずベニはゼロでした。代わりにコガラ、ゴジュウカラが混ざっていました。
18-02-05_00001.jpg

18-02-05_00001_01.jpg

一旦昼ごはんに帰ってから、2時過ぎにコミミの場所に行って来ました。
雪山を背景に飛ぶコミミです。
18-02-05_00001_13.jpg

雪原でネズミを探すコミミ
18-02-05_00001_12.jpg

18-02-05_00001_10.jpg

18-02-05_00001_09.jpg

いつも同じようなコミミですが、会心の一枚が撮れません。それでもきっと明日も行きますね。

凍える八ヶ岳のハギマシコ

今日は昨日より随分冷えました。そのおかげで空の青は八ヶ岳ブルーになりました。


ツララも溶けません。


午後からベニヒワ、ハギマシコを求めて出かけましたが、ベニヒワどころかマヒワも全くいない。仕方ないので、コミミの場所に移動して、待っているとハギマシコの50羽くらいの群れが飛んでいます。うまい具合に目の前の草原に下り、色の綺麗なオスがすぐそこです。ファインダーを覗いて、やったと思っていたら、カメラに「SDカードが入っていません」と。がっかりしましたが、待っているとまた群れが目の前に下りました。どうにか撮影はしましたが、先ほどの色の鮮やかなハギマシコではありません。ちょっと残念な気持ちもありますが、今日はこれで良しとしました。
雄雌のハギマシコ。
18-02-04_00001.jpg

18-02-04_00001_02.jpg

18-02-04_00001_04.jpg

少し萩の花の色が見られるオスのハギマシコです。
18-02-04_00001_03.jpg

この後、コミミの出を待ちましたがものすごい寒さに強風となり。たまらず帰りました。

雪原のコミミとはいかず

八ヶ岳周辺は一面の雪景色です。雪原のコミミを撮影しようと出かけました。

しかし、出るには出たが、遠い遠い。500m以上はあるかな。そのため、証拠写真だけで、雪原上は飛んでくれませんでした。
18-02-03_00001_01.jpg

18-02-03_00001.jpg

明日以降に期待ですが、本命はベニヒワなんですがね。

南関東のハイチュウとコミミ

自宅から1時間ほどのところにコミミとハイチュウの場所があります。今日は風が強くないので、野原でも寒くないだろうということで午前中から夕方まで撮影に行って来ました。ここは、ハイチュウの塒ではなく、狩場なので昼でもハイチュウが現れるところです。ただ、広大な葦の原なので、よほど運がよくないと 遠い。コミミは八ヶ岳よりとっても条件が悪いので、コミミ狙いではなく、ハイチュウ狙いでやって来ました。

明るいうちからハイチュウが現れましたが、左から右に一気に舞い上がり、飛んでいてしまったので、遠い空抜けだけしか撮影できませんでした。ハイチュウはやはり綺麗ですね。
18-01-31_00001_04.jpg

18-01-31_00001_05.jpg

18-01-31_00001_06.jpg

3時過ぎころからコミミが現れました。3羽飛んでいましたが、これもとっても遠い。カメラマンがずらり並んでいましたので、近くに来ないだろうと考え、一人離れて待っていたのですが、やはりダメでした。
18-01-31_00001.jpg

18-01-31_00001_01.jpg

野原なので止まる木はなく、工事用の紅白の杭ばかりにとまり、構図として絵になりません。渡良瀬と同じですね。
18-01-31_00001_02.jpg


18-01-31_00001_03.jpg

繰り返しになりますが、この場所は広大なので、どこで出を待つかが重要で、外れだと撮影もできないほど遠くになります。おまけに背景に火葬場が入ることがあるので、写したくない方角に飛ぶと最悪です。

ブログを書いて居るとちょうど皆既月食の時間になりましたので、パチリ。
18-01-31 tsuki_00001

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -