八ヶ岳観光 雪景色と再び夜空

22日は朝から快晴。せっかくの快晴なので、まずは、観光から一日の始まりです。


(南アルプス)


(八ヶ岳 赤岳)


(萌え木の村)

こんな綺麗な景色なのにシーズンオフで閑散としています。勿体無いですね。

仕事で世界中旅して、日本は本当に美しいと思います。外国人旅行者は、今年ようやく1000万人に達したそうですが、なかなか観光地としての知名度は上がりませんね。
と、言うのも、自然、文化、歴史、気候どれも第一番とは言いにくい。山なら、ヒマラヤ、アルプス、ロッキー。文化なら、イタリア、フランス、など。歴史なら、中国、ギリシャ、ローマ、エジプト、気候ならハワイ、バリ、セーシェルなど。日本は、総合点で一位と思いますが、総合点では、パンチがなく、印象が薄いのかな。なかなか宣伝が難しいですね。

日本の山々の美しさは、one shotだけなら世界の山々にとてもかないません。ですが、年間の総合点では、入賞できるでしょう。四季の移ろいの美しさは格別です。アルプスやロッキーは植物の種類が極端に少なく、単一色の山色。日本の森林は、多様な植物が氷河期を生き残り、一年を通じて変化に富み、複雑な色調の景色を見せてくれます。(だから英語に雑木林に当たる一語の言葉はありません。辞書には載ってますが、意味が違っています。)
ですが、一年を通じた四季の美しさでは一過性の観光客には楽しんでいただけないですね。

八ヶ岳は、一過性の観光ではなく、セカンドハウス型ペンションサービスを全体で作り上げることではないでしょうか?

夜空は満天の星でした。完全防寒でも長くは持ちません。まずは木星、次がオリオン大星雲。倍率を上げるとかえってボケて、縞模様は見えませんでした。オリオン大星雲は、ほんのり周りが明るいので星雲は分かりましたが、高倍率だとやっぱりかえって見えずらいですね。これって、気流の影響?
スバルは双眼鏡の方がかえって良いですね。


23日。今朝も朝から快晴。餌台と巣箱をソファから見える位置に移して欲しいと、女房殿の頼み。防寒着を着て、少しだけ作業してから久しぶりに柳生さんの森に。森の手入れの基本を教えていただきました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -