FC2ブログ

印旛沼でまた探鳥

晴天に誘われて、また西印旛沼の散歩道(高橋尚子のジョギング道路と有森裕子のジョギング道路)と北印旛沼をカメラ片手に歩いてきました。この探鳥は散歩も兼ねていますので、手持ちのタムロン150-600にNikon7100です。この組み合わせは、AFがとっても遅いので、飛ぶ鳥は無理です。ちなみに今日の散歩は13000歩でした。

印旛沼は北印旛沼と西印旛沼の2つあり、どちらも野鳥観察地なのですが、北の方が種類は豊富ですね。北の方には、チュウヒ、ミサゴ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウ、ノスリなども見ることができます。

今日の最初の出会いは、シメでした。印旛沼では初見でした。
17-12-06_00001_01.jpg

しばらく歩くと小鳥が藪の中から出たり入ったり。ジョウビタキのオスでした。
17-12-06_00001.jpg

さらに歩きを進めると、目の前の草に2羽なにか止まっています。一羽は遠目に百舌鳥でしたが、そのすぐ横に止まっているのがどうやら本命のベニマシコらしい。撮影してからそれと確認できました。
17-12-06_00001_03.jpg

17-12-06_00001_02.jpg

17-12-06_00001_04.jpg

そして終点あたりで、木にカワセミが止まっているのを発見しました。


17-12-06_00001_05.jpg
待ち焦がれた冬鳥のシーズンですが、次はハイチュウにするか、キクイタダキにするか、ルリビタキにするか迷ってしまいます。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -