FC2ブログ

照準器改良の効果は?

照準器のカメラへの取り付け方を改造したので、池にその効果を確認に行きました。

池のホシハジロは徐々に増えて、雄8羽、雌1羽の9羽に増えています。
ホシハジロ

さて照準器を改造して、素早くカワセミの動きを捉えられるようになったでしょうか?
少しはカワセミの飛ぶ動きにカメラが付いていくスピードは速くなったように感じます。奥に飛び去る鳥を追うのは難しいのですが、どうにか捉えることができました。残念ながら、後姿なので絵にはなりません。
カワセミ4

ダイビングから飛びあがった瞬間です。少しピンが甘いです。ISOが上がりすぎてノイズが激しいですね。これはカメラの性能なので仕方がありません。
カワセミ3

カワセミのホバリングです。これも残念ながら後姿。
カワセミ5

どれも絵にならないので、止まった姿です。止まっているのに、ピントがまだ甘いです。
カワセミ1
カワセミ2

照準器は5mmのアルミ板に取り付けたので、ブラブラせずに安定しています。その上、自由雲台に取り付けたので、照準器をレンズのセンターに合わせるのがとっても簡単になりました。残りの問題解決は、カメラ自体の性能と肝心な小生の腕前です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -