野鳥撮影は難しい時期になった

もう梅雨が明け、いよいよ真夏です。同時に野鳥たちの子育てもほとんど終わり、定点で三脚を構えて撮影できる対象はなくなりました。林は葉が生い茂り、自由に動き回る野鳥を撮影するのが難しい季節になりました。そんな状況で、ツミの若の様子を見てきました。

もう成鳥と変わらないほどの大きさに育ち、自由に飛び回っていますので、巣のあった場所にも定着はしていません。夕方には戻って来るようです。

若が1羽だけ公園に居て、親を呼んでいます。何度も鳴いています。
ツミ 親を呼ぶ

足元に抑えているのは、セミで、これを食べていました。まだ、雀を取れるほどうまくはないので、腹を空かせて親を呼んでいるのでしょう。

もう一つの撮影対象は、カイツブリの雛の姿なのですが、まだほとんど巣から出てきません。親は、魚を捕まえては、巣に運んでいます。
カイツブリ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -