八ヶ岳のリスは元気でした

今日千葉から八ヶ岳に向かいました。折角の新緑の季節なので、八王子から圏央道に抜けて、青梅街道、大菩薩ライン、フルーツラインを通って青梅から奥多摩湖、柳沢峠、勝沼を経てやって来ました。

奥多摩湖からの青梅街道は濃淡の新緑の中に山桜の淡いピンクが混ざり、色のグラデーションが春の美しさを際立たせそれが渓流沿いの急峻な崖のインパクトでさらに強調されていました。確かにここは国立公園です。

奥多摩湖では、クマタカポイントにちょっとだけ寄り道しました。チラリとクマタカが現れましたが、撮影できるほどの距離ではありませんでした。

柳沢峠まで来ると道路脇にたくさんの車が停まっています。さては、野鳥撮影ポイントは満員かなっと思って覗いて見たら、想像通り、三重に三脚が並び、割って入る隙はありません。カメラ30台以上は並んでいます。


小生はサッサと退散して、八ヶ岳に着いたのは丁度昼食時でした。南麓で標高が上がるにしたがって桜は満開から、蕾に変化して行きます。我が家のソメイヨシノは、三分咲きといったところですので滞在中に満開が楽しみです。

我が家のリス君はどうしているのか気になっていたのですが、しばらく見ていると巣箱の外に出て、屋根に乗ってじっとしています。すると、巣箱の中からもう一匹が顔を出しました。亭主は外で警戒しているようです。巣箱から覗いているのは、顔が小さいので子達のようです。何匹いるのかな?明日は、巣箱から出てくるかな?
リスの親子
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -