もう冬鳥と夏鳥の端境なのかも

韓国から戻ってからやり残しておいた雑務で忙しくなかなか公園散歩や鳥撮りに出かけられませんでした。確定申告したり、健康保険を計算して、どっちが安いか検討し、切り替えの準備をしたり、女房殿のガラ系携帯電話を安いUQのスマホに変更したらどうなるか調べたり。

昨日は時間ができたので、公園を3箇所も回ってみたのですが、カワセミも何も見かけませんでした。用事を済ませてからなので、陽が高く上がってしまっていますから、当たり前かもしれませんね。そこで今日はちゃんと朝早い時間から出かけて来ました。

近くの総合公園に出かけてみると、バーダーの知り合いとばったり会いました。それと早速 ウソがお出迎えです。はじめは下から真上の撮影で光の加減が悪かったのですが、待っているとほぼ横から撮影できる場所に移動してくれました。ウソは桜の新芽を食べますが、好きな木は決まっていて、下には食べかすがたくさん落ちていますので、お気に入りの木が分かります。
まずはウソのオスです。
ウソオス6

オスの食事風景。
ウソオス7

メスは地味ですが、そこそこ綺麗ですね。
ウソメス5

メスの食事です。
ウソメス4

ルリビタキの場所で待っていると、目の前にコゲラが留まりました。
コゲラが、「何見ているの?」と小生と目が合いました。
コゲラ7

その脇にはエナガの群れが現れました。
エナガ7

ルリビタキはついに現れなかったので、知り合いのバーダーさんと一緒に10kmほど離れた別の公園に移動しました。公園で歩いていると、なんとトラツグミが飛んできて目の前の枝に止まりましたが、スルーしてルリビタキのポイントに向かいました。カメラを据えて待つもなにも現れず。あきらめて車に戻る途中、久しぶりにカワセミに会いました。
カワセミ1

もう、冬鳥と夏鳥の端境期なのかも知れません。5月になれば八ヶ岳の南麓にオオルリ、キビタキ、コマドリ、ミソサザイが戻ってくるのが楽しみです。今期の目標は、オオルリの子育て、コマドリの囀りの姿です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -