初めてのソウル観光

ソウルは朝から快晴で、陽射しが強いので寒さは感じません。

何度も来て居るのに、観光はしたことがないのは、忙しいばかりでなく、文化や歴史への関心が薄かったのかもしれませんね。これはかなり失礼なことで、老境に入ってから反省です。

何も下調べしてこなかったので、現地で朝から検討です。やっぱり、最初は李朝の景福宮でしょう。中国人観光客が多かったですね。もっと立派な故宮があるのに、わざわざ来なくてもと思いますが。


お次は隣接する北村韓屋村でしょう。古き良き韓国の街並みが少し味わえます。その中に、「冬のソナタ」で、撮影に使われ、日本人が押し寄せた高校の正門がありました。

この辺りは、路地裏の飲食店街があり、昔の味わいもあります。実はこの辺りは現代建設の役員さんたちと晩御飯をよくごちそうになった界隈でして、夜は知っていますが、昼間は初めてでした。


で、最後は世界遺産の昌徳宮です。景福宮が秀吉に焼かれて以降は再建されず王宮としてこちらが使われたようです。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -