カメラの修理

昨日は久しぶりに銀座に出かけた。春節も終わって、旅行のシーズンオフだと思っていたが、銀座通りは、大型バス、中型バスがそこここに止まっており、中国からの観光客で溢ていました。昔の中国人と異なり、マナーがとんでもなく悪いわけではないですが、古き良き銀座の雰囲気はありません。おそらく奈良や京都も同じような状況でしょうが、これも観光客の増加でしょうがないでしょうね。昔、スイスのユングフラウヨッホの山頂駅は日本人でごった返していたころ、やはり嫌がられたのでしょうね。そんなことをドイツ人夫婦に言われたことがあります。
銀座


銀座にはニコンのカメラの修理に来たのですが、やっぱり画像を電子データーに、変換する所が故障して居るようです。保証期間は過ぎて居るので自腹になりますが、なにかしっくり来ませんね。
今や電子機器はユーザーの責になる部分は少なく、故障の大半は製造過程に責があるように思うのですが、保証は昔ながらの概念のままで、たった1年の保証ですね。契約だから仕方ないですが、不良品の責任をユーザーに転化しているとしか思えません。
不具合を指摘いただいた読者の方、ここで改めてお礼いたします。

銀座から同期会のある津田沼に移動して夜は楽しく旧交を温めました。久しぶりに女房以外と親しく話を楽しめました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30