自宅の森で鳥観察

今日は昼過ぎから雪の予報でしたので、出歩かず一日家で過ごしました。

我が家のリスは巣作りを始めたらしく、杉の皮を剥いで、いつもの巣に運び込んでいます。すでに伴侶も得たらしく2匹いるようですので春になったら家族づれが楽しみです。

裏の森はたくさんの野鳥がやってきました。特にアトリが群れできています。
写真の2羽は表情が異なります。上がオス、下がメスのようです。
アトリ1-2
アトリ2ー2

雪が降り始めて、餌台は一層にぎやかです。
アトリ3-2

ひまわりの餌の争奪戦にシメも参戦です。
シメオス5-2

餌台を見ていると、周りの木には時々キツツキがやってきています。
まずはアカゲラ。
アカゲラ

次はアオゲラです。
アオゲラ5-2

八ヶ岳は野鳥の宝庫と言われますが、そうなのかなと最近つくづく思います。フクロウ、コミミズク、サンコウチョウ、コマドリ、オオルリなどなどが20km圏内で楽しめますし、上の写真は全て家の中から窓越しに撮影したものです。キツツキはいくらでもいますね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -