諏訪湖のオオワシ

一年ぶりに諏訪湖にオオワシを見に出かけました。2016年12月に18年連続で飛来したそうです。もう22歳だとか。18年前に衰弱していたところを保護されて以来、グルとの愛称で地元の人たちに大切にされています。

今日は快晴で風はなく暖かな一日でした。おかげで湖畔でオオワシを待つこと5時間耐えられました。待ち受けポイントは何個所かあるようです。風のある日は、上昇気流のできる丘の上が良いらしい。
風がほとんどないので、オオワシは上昇気流を利用しないと考えて、湖畔で待つことにしました。それでも待つこと5時間。ようやくオオワシが現れましたが、10分ほど湖上を飛んで、山に戻ってしまいました。その後、また待つこと1時間。今日は2度の飛翔です。

いずれもかなりの距離がありました。
オオワシ6-1
オオワシ5-1
オオワシ4-1

オオワシが飛ぶたびに森からハヤブサが出てきて、オオワシを追いかけまわしています。オオワシが往復するたびに必ず森からハヤブサが現れるのです。何を思っているのでしょうか?
最初は、鷹類を追うのは定番のカラスと思いましたが、なんか色が黒くないので地元の人に聞くとハヤブサでした。
オオワシ7-1
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -