ハゼ釣り

ハゼの天ぷらは、浅草、両国辺りだと味わえる店もあります。でも、自分で釣った新鮮なハゼの天ぷらは絶品です。年に一回は食べたい。これを味わうには自分で釣るしかありません。

千葉の東京湾側(袖ヶ浦、木更津、富津あたり)は、埋め立ての工業地帯のため、運河があり、ハゼのポイントは豊富です。まずは、高速を木更津南で降り、 富津岬の南側の新富運河へ。

(新富運河、富津)


ここで釣れないので、北上し、長浦港奥の運河へ。誰も釣っていません。嫌な予感通り、竿は動きません。すぐにまた移動。さらに、北上して、有名な養老川へ。ここは、広いので初めての人は場所を決めにくい。コツは、暇でよく釣りしてそうな高齢者に聞くこと。


(養老川、旧フェリー港)

9月も下旬になると数は釣れませんが、形が良いので、天ぷらに調理し易いのです。

コツは、必ず潮が上げ始めの時間帯を狙うことと、雨の後は絶対ダメ。同じ潮が動くからと言って、満潮からの下げ始めではありません。干潮時に水がなくなり、死んだ虫などが居ることを知っているのでしょう。
餌は、ゴカイ、イソメ、ミミズなんでも良い。ここだけの秘密の餌は、ブラックタイガー。これは、食いは最高で、かつ安い。他が釣れていなくても一人だけ釣れる満足感?に浸れます。その上、一尾で十分で、100円で、一日遊べます。

ハゼは、ダボハゼとの言葉で、何にでも食いつく人を指しているため、釣りは簡単とのイメージがありますが、ハゼの餌の食べ方は意外と慎重なので、上手い、下手の差がでます。

仕掛けは、天秤またはナス型錘を道糸に通しただけ。ハゼが感じる違和感は、竿の抵抗です。
脈釣りの場合、最初のコツンとした当たりであわせても、針に掛かりません。最初の当たりが竿に出ると言うことは、ハゼにとっては違和感を感じた瞬間で、一旦餌を離しています。次のブルブルとはっきりした当たりは、既に針にかかってしまい逃げようとした当たりですから、これでは並みの釣果です。最初の当たりがあると、わずかに糸を緩めて、10から20秒くらい待つと緩めた糸が動きます。ここが合わせのタイミングです。

錘は軽い方、竿先はしなやかな竿で、ハゼに違和感が少ない仕掛けが良い。お試しあれ。

(自作のハゼ竿)

ウキ釣りなら、ウキの微妙な変化で合わせる必要はなく、ウキが沈み込んでから合わせると良い。もちろん、ウキはできるだけ浮力が小さなのがよい。だが、陸からの釣りでは軽いので飛ばず、釣れる範囲が狭くなりますので、数は伸びません。ボート釣りならokですが。

後、餌を動かすことです。小生は、10から20秒待って当たりがなければ、手前にゆっくり引いて来ます。

また、潮時が良いのに、釣れない時は、すぐに場所を変える方が良いです。ハゼは我慢と忍耐で釣る魚ではありません。大物のメジナ、黒鯛の釣りの基本は、粘りと頑張りですが。

釣果はご覧の通りです。御託を並べたほどの釣果ではないですが、お許しあれ。夫婦には十分です。


書き加え
21匹全部天ぷらで食べたら気持ちが悪くなった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -