年に一度はハゼの天ぷらが食べたい

今年は雨が多くハゼの生育が心配されました。今日は年に一度のハゼ釣りに行って来ました。場所は養老川河口の昔のフェリーターミナルです。石油化学コンビナートの中にあります。この港は使われなくなって久しいので、随分砂が堆積し、干潮時は底が現れます。今日の潮は、9時頃が干潮なので潮が上がり始める10時過ぎからが時合いです。写真は上げ三歩と言ったところで、まだ真ん中あたりで底が出ています。(ここは、港の中なので潮が周囲を回り、真ん中が浅くなっています。)
あ

釣り始めるとまずは入れ食いで三連発。その後は、ポツポツ拾い釣りです。12時から雨が降り始めましたので、1時間半の釣りですが、家族3人には十分です。数は多くないですが、もう10月半ばなのでハゼは随分大きくなってました。
い

夜はもちろんハゼの天ぷらです。面倒なので開かずに中骨を残したまま。大きいので口に触りますが、味は本当に旨い。
う

話は代わって、釣りをしていたらすぐ目の前でミサゴが何度もダイビングしています。ここは知る範囲では、ミサゴまで最も近い。良い写真が撮れそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30