富津岬の鷹の渡りは不発

昨日千葉に帰ってきました。すると今日は一日晴れ。房総半島の渡り鳥が南に旅立つ時期になりました。富津岬の先端まで鷹の渡りを見に出かけました。
富津岬の先端は、対岸の横須賀にとっても近く、横須賀の町と富士山が目の前に見えます。房総半島は南側が上総の国で北側の市川や船橋が下総国と呼ばれますが、昔は京都から南房総の方が近かったことがよくわかります。目の前の島が江戸を守るために作られた第一海保です。
横須賀

渡りのメッカらしく立派な鳥見台があります。その上に陣取るのは、おそらく野鳥の会の面々。わたる鳥をカウントしておられます。ご苦労様です。
鳥見台


今日は南風の影響なのか渡り鳥が対岸に飛び出しません。ツミが数えるほど飛んだだけでした。退屈なので、望遠レンズで東京湾観音をパチリ。遠すぎて霞んでますね。
東京湾観音

渡り鳥ならず自衛隊のヘリ。木更津基地に戻るのかな。海辺の遠隔撮影は霞んで良い撮影は難しそう。と初心者の感想です。おまけにレンズは潮風で汚れるし。
ヘリ

結局、撮影の対象になるような近くを猛禽が飛ぶことはありませんでした。
残念。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -