サンコウチョウがヤマセミに

今日は天気は良さそうだし、朝から養老渓谷の上流域に野鳥を見に行きました。
まずはサンコウチョウのポイントへ。前回来た時の巣の場所には誰もカメラマンはいません。観察してみるとどうやら放棄したようです。蛇に襲われたのか、イタチか?奥に進み待っていると時々サンコウチョウの囀りと藪の中に姿は見えるのですが、とても撮影できる場所ではありません。2時間ばかり出てくるのを待ったのですが、昼ご飯時になり退散しました。

帰る途中でかつて気になっていた場所。ヤマセミが居そうだなと目を付けていた場所にちょっと寄ってみました。養老川の上流です。車を止めて渓流脇に下って行くと、藪の右手に人の気配。なんとシェルターがあってそこからカメラのレンズが覗いているではないですか。偶然の発見です。

シェルターに入って聞くと、やはりヤマセミの撮影だそうです。ちょっとの間シェルターに入り観察すると、ほどなくヤマセミが目の前に現れました。これならチャチャっと撮影して帰れると、シェルターの方々に許可を得て小生も車からカメラを持参して据えて待ちました。
これが問題。昼飯前にちゃちゃっと撮影して帰られると思ったのですが、待つこと5時間。当然昼飯はなし。ヤマセミは姿を見せません。これじゃもうちょっとでハワイに着いてしまうよ。

退屈して待っていると目の前の石に亀が甲羅干しに上がってきましたので、パチリ。退屈ですからね。
亀


シェルターの人たちは一人また一人と帰られまして、ただ一人4時過ぎまで粘っていました。すると、ようやくヤマセミのお父ちゃんが餌を巣に運んできてくれました。

まずは飛び込み。
ヤマセミ2ー2
戻り。
ヤマセミ3ー2

凛とした姿。
ヤマセミ6-2

次のエサ取りに出発。
ヤマセミ5-2

獲物を家に届けた父さん。
ヤマセミ1-2

5時過ぎまでチャンスを待てばもっと良い写真が撮れるかもしれませんが、飽きたので退散しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -