また、天龍村へ

今日も梅雨委の晴れ間の八ヶ岳です。昨日の夕立で遠くの山々がクリアーに見えています。
富士山の前の甲府盆地は薄雲に覆われた朝です。
富士山

庭のホタルブクロが咲き始めました。
ホタルブクロ

今日も梅雨の合間の晴れ。天気予報によるとこの先曇りがちになるようです。ブッポウソウの巣立った雛を見るにはまだ少し早いのですが、天気に誘われて朝から天龍村まで出かけてきました。天龍村までは千葉からは遠いのですが、八ヶ岳からだと日帰り旅行圏内ですね。

朝10時に現地に到着。船橋から来られた方。水戸から来られた方。名古屋から来られた方などみなさん遠方から泊りがけで来ておられます。通常は珍しい鳥の撮影地は公表しないのですが、天龍村のブッポウソウは村挙げて保護に乗り出しておられ、かつ、村の広報でもリアルタイムに状況が載せられていますので、ここで紹介しても構わないでしょう。

小生の天龍村訪問は今度が3回目です。その中で知ったことなどを紹介します。
一番の問題は、非常に狭い山間の谷の村故駐車場はほとんどありませんので、遠くに止めてでも徒歩で撮影サイトに向かうなど一層の気遣いが求められます。

一番の有名場所は、村役場の屋上の巣箱を隣のお寺の一角から撮影することですね。ここは鳥まで一番近いのですが、問題は役所の屋上のアンテナに止まるので、真っ黒に写り、小型のカラスになってしまうことと止まりものが人工物なので図柄がいまいちです。近くの木に止まることはめったにないようです。駐車スペースも限られています。

2番目の場所は、一つ上流側の鉄橋に掛けられた巣箱。
ブッポウソウ13-2


今年は巣箱が天龍川の中ほどでかなり距離があります。ここで一番留まる場所が鉄橋の上ですが、近くの木に止まることもしばしばです。こんな風に鉄橋が写り込みます。
ブッポウソウ2

ブッポウソウ11ー2
ブッポウソウ12-

ここは地域の人たちのゲートボール場の脇なので駐車スペースはあってもゲートボールが開催される時にはバーダーの車が邪魔になってしまいます。小生は12時には退散しましたが、ゲートボールが始まるのかご老人が集まり始めていました。今後撮影者が増えると、地域の問題になるでしょう。

3番目の場所が、村役場の下流の鉄橋。景色はいいですが、お勧めできません。
巣箱2

ここの問題は駐車スペースが全くありません。路上駐車する人がいるとその内禁止になるでしょう。遠くに止めて歩く覚悟が必要です。でも、一番景色がきれいな場所です。
天竜川1

鉄橋の付け根から相当遠いし、かといって河原に下りて撮影すると、ほとんど空抜けになります。

今回は巣立ち前ですので、まだまだ木に止まった姿をじっくり撮影はできませんでした。所詮、巣箱の野鳥撮影。粘っても皆んな知ってますので、希少価値などないし、2時間で退散しました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30