水辺の野鳥観察

今日も懲りずに早朝からオオタカの観察に出かけました。着いて、巣を見上げても何も動くものが見えません。何か変ですが、とりあえずカメラを据えていると散歩の方が立ち寄って、「オオタカの雛。巣に戻ってますか?」と。???

昨日、カメラマンが見ている前で雛が巣から落ちたらしい。昨日のブログに乗せた雛ですから、午後に落下したのでしょう。まだまだ、歩くのがやっとの大きさです。しばらく周辺を探しましたが、どこにもオオタカの雛は見つかりません。多分カメラマンがその公園の管理事務所に通報してるでしょうが、原則 雛は保護しないはずです。でも、この雛は小さすぎて木を登ることは無理でしょう。生きられる命ですから保護されていることを祈ります。

仕方ないので、希少種のサンカノゴイのポイントに移動しました。車が8台留まっていて、横浜、多摩などほとんど他府県ナンバーです。イギリス人も撮影に来ていました。話していると、なんと小笠原、八丈島、三宅島、北海道、南西諸島などに撮影の遠征をしていると。鳥の名は日本語で覚えているのが驚きです。

遠方から多数来てられますが、残念ながら一度も姿を現さず。
暇なので撮影初心者の小生は、飛ぶ鳥のマニュアルピント合わせの練習で目の前の鳥の撮影です。AFはすぐに後ろの葦の原にピントを取られるので難しい。

まずは無難に留まりもの。オオヨシキリ。
オオヨシキリ1-2

次はヨシゴイ。
ヨシゴイ1-2

ヨシゴイの飛翔。
ヨシゴイ2ー2

遠くにアジサシがたくさん飛んでいるのですが、その中の色が違うアジサシ? 手羽先以外は黒い。図鑑で見ても分かりません。
アジサシ1-2

遠いのもありますが、マニュアルフォーカスも難しい。連写しながら、焦点をめくら合わせしたのですが、やり方が間違っているのでしょうか?
ついでにモモイロペリカンに立ち寄りましたが、留守でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -