猛禽の雛 その後

八ヶ岳から千葉に帰ってきて、蒸し暑いし、畑は当面植えるものなしで、ブログのネタがありません。今日は梅雨の晴れ間。オオタカのその後の様子を見にいてきました。

オオタカの巣には5人のカメラマンが居ました。餌をほとんど取って来ないので、子供が少ないかなと想像していたら、やはり子は1匹だけだったようです。まだ、産毛で覆われていますが、大分生え替えが進んでいます。オオタカの餌やりは、先日は5時間待ってもなし。今日も5時間待って一度もなし。餌やりのシーンを狙ったのですが、ダメでした。
オオタカヒナ1-2

これじゃネタになりませんので、近くのツミのヒナを見に行きました。今年は5匹のヒナが巣立っていました。写真はツミの兄弟。もう産毛はなくなり、幼鳥特有の茶色になっています。一番大きいのはもうすぐ飛べそうです。観察しているとツミは餌を取りに出かけると30分以内に狩りを終えて戻ってきますが、オオタカは何時間もかかるようです。オオタカのほうが大きいから動きの俊敏さが欠けるのかな。
ツミ兄弟1-2



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -