小仏トンネル渋滞のう回路を探してみた

月曜日に千葉に帰る予定でしたが、日曜日なのに渋滞がないと見誤って、日曜日の夕方千葉に向かってしまいました。そこで遊びとしてう回路を走ってみましたので報告です。

小仏トンネルは有名は渋滞ポイントですね。いい時期の週末は、土曜日が下りの渋滞、日曜日は上りの渋滞。それもすぐに20-30kmの長さになります。八王子まで2-3時間はかかります。で、八王子に抜けたら今度は調布での渋滞で、これもひどいときにはほぼ新宿近くまでずっと渋滞で、八ヶ岳から新宿まで6時間とかとんでもない悪路です。渋滞の原因は、トンネルの中での上り坂ゆえ、徐々にスピードが落ちてしまうことらしい。小生が渋滞のない時に測ったら、時速100kmがトンネル出口付近では80kmに落ちていきます。トンネル内にはスピードが落ちないように警告がありますが、そんなことできません。前の車に衝突してしまいます。

この渋滞対策として第2トンネルを作ることが承認されたらしいですが、それをまだ先のことでしょう。今回、実は渋滞ナビで調べたら日曜なのに渋滞なしとなっておりましたので、日曜日の高速料金が安いうちに千葉に帰ることにしました。ところが中央道に乗ってみると、大月ー小仏トンネル 渋滞20km、所要時間2時間以上。調布 渋滞10km 所要時間1時間以上と電光掲示板に出ておりました。
実はi phone渋滞ナビの接続が悪く、最新の情報に更新されていないのを見誤って渋滞なしと勘違いし、中央道に乗ってしまいました。

小仏トンネルのう回路は検索するといろいろ出てきますが、どれも上野原ICで一般道に下りるものです。ですが、上野原からしか渋滞していないならそのまま乗っていたほうが早いと思います。問題は渋滞が上野原を越えて大月あたりまで伸びて、笹子トンネルも渋滞しているときです。

今回は一人旅ゆえ気楽にう回路探しをしてみました。よく言われるのが、上野原で下りて桧原村に抜けることですが、30kmの渋滞では上野原までも渋滞にかかり、こうなると上野原にもたどり着けず、う回路の役目を果たしません。そこで、小仏トンネルと笹子トンネル両方の渋滞を迂回しようと勝沼で中央道を下りて、フルーツ街道から青梅街道国道411号であきる野、そこから日の出ICから圏央道で八王子ICに抜ける道を試してみました。結果、八ヶ岳の自宅を5時に出て、8時45分には新宿でした。3時間45分かかって新宿です。普通に走った場合、新宿まで、2時間弱+渋滞ロス 2時間とすると新宿は9時到着ですから少しは速かったのかな?う回路と呼べるか微妙なところです。この道は山間部を抜けるカーブの多い道で、疲れるし、今回も最悪はシカの飛び出しでした。本当に、衝突寸前で車が止まってくれて助かりました。ただ、ほとんどが2車線道路ですのですれ違いの心配はありません。

この道は迂回をとしてはだめかもしれませんが、国立公園内の渓谷沿いの道ですので景色を楽しみながらドライブする気分なら渋滞でイライラするよりはずっとましです。小生は暗くなり始めてのドライブでしたので、夜が来る前に渓谷を抜け出せるか不安でした。おまけにシカの恐怖もありましたし。夜間にかかる走行はお勧めできません。

結論は、日曜日の中央道は、1時前には小仏トンネルを通過するくらい早く現地を発つか、3時前で渋滞が大月まで伸びていれば勝沼ICで下りて景観を楽しみながら青梅街道をドライブするのも選択肢です。なお、中央道と並走している国道20号に下りる手は、小生の次男がひどい目にあいました。高速よりも動かないそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -