芝生の第9週目

記録的な暑さを実感です。八ヶ岳でも、10時過ぎると暑くて作業はできません。
野芝は種蒔きから9週経ちました。未だランナーが出て、ネットワークを張るところまで行きません。種から葉と根が縦に伸びて居るだけです。野芝は、夏の暑さに強く、かつ、耐寒性も高いので、1160mの高地でも越冬できるので選んだのですが、その上西洋芝に比べて成長が遅いので毎週芝刈りできない別荘族には好都合です。が、その分、芝生がグランドをカバーしきるまで雑草との競争に負けそうなので、来るたびに草抜きです。

(筋状に芝生の密度が低い部分がバロネスの種養生シートが風で飛ばされ、寄ってしまった所)


(芝の伸び方、密度がバラバラ)

昨年の秋からランドアップで除草し、繰り返し雑草退治をしたのですが、草の種が枯れずに残っていたのでしょう。多分、秋に除草したのでは種を落とした後で、種が残留したのでしょう。5月にも除草したのですが、まだ、発芽してない種が残っていたのでしょうか。次々に雑草の新芽が出ます。ガスバーナーで土を焼くなどしたら根絶できたかも知れません。
我慢できません。テデトールはやめ。芝がまだ幼いので、弱るかも知れませんが、朝6時から除草剤をまきました。

(抜いてもぬいても出てくる雑草の新芽)


ブログで芝生の情報を集めてみると、今年はかなり成長が遅いようです。素人なので理由は分かりません。ただ、可能性として、
1. 日照不足。梅雨明けは早かったですが、曇り空と気温が低い日が多かった。あるブログでも今年は芝の生育が去年より悪いらしい。
2. 肥料の不足かも。
3. 週末族のため 水を毎日あげられず、天水まかせです。水道の元栓は閉めないと危険なので、自動散水はできません。

原因は色々あってもできることは、肥料まきだけですから8-8-8の化成肥料をまきました。
また、芝の種まきの前にトンボで平にしたのですが、土がフカフカで次第に凹凸が目立ちます。目土を入れてできるだけ平にしました。8月後半から9月一杯は、八ヶ岳でも芝の成長できる気温でしょうから、次回は芝刈りができるまで成長していれば、今年中に芝生の庭らしくなるかも知れませんが、微妙ですね。

芝生はまったくの初心者ですので、八ヶ岳で野芝の状況を詳しく書いておられるブログがあり、大変参考にしています。肥料以外に栄養補助剤メネデールなどを与えた方がよいのでしょうか?


バラも植えたく、バラが趣味の大学時代の友人に相談したのですが、寒冷地は分からないと。上記のブログの方が1200mの高地でバラも育てて居られるので、1160mの我が家でのバラ栽培の参考になります。芝生の見通しが立ったらバラにも挑戦しようかな?また、参考にさせていただきます。

芝庭の脇のロックガーデンの雑草をようやく抜いたら、少しはスッキリしました。



あまりの暑さで、日中作業はできません。今日は野辺山方面に出掛けて来ました。あいにく、空気の透明感はなく、獅子岩からの八ヶ岳は美しくありません。

(野辺山の国立天文台の電波望遠鏡)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -