また、オオワシのはずが

八ヶ岳も大分雪が減ってきて、そろそろ春の芽吹きが楽しみになってきました。スノードロップは咲き始めました。


クリスマスローズも咲き始めています。


まだまだ土は凍結してるのに花達は春を感じ取っています。大したもんだ。

さて今回は、コミミを探すかオオワシを探すか?どっちにしようかな?もう直ぐシーズンオフです。結局迷ってオオワシにしました。

前回の下見で大分オオワシの行動パターンが分かりました。土地の愛好家の皆さんは、午後1時半頃にやって来てオオワシの観察を始めました。すると、30分も経たないのにオオワシが現れました。土地の人達はよく知っておられるのですね。前回は9時前から待機しましたのでオオワシが現れた時には待ちくたびれていました。小生ではなく、女房殿と小鉄。

今回は2時に到着して待ちましたが、まったく現れず。地元の方々は早々に店じまい。一人残って待ちましたが、もう北に帰り始めたのかも知れません。


何かで読みましたが、北帰行の少し前には荒食いして、直前には食べないで身を軽くしてから帰路につくらしい。この間は懸命に狩りをしていたらしい。という事は、もう帰り仕度なのですかね。しょうがないので、湖の鳥たちで我慢しました。

オオバンですね。

後日談
オオワシのグルは25日北帰したそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -