今日も野鳥撮影の練習

今日も千葉で野鳥撮影の練習をしました。なんとなく鮮明でない写真が多いので、腕の問題か、カメラかレンズか分かりません。とりあえず腕を磨いてからの判断ですね。

まず、目的地を目指していたら、畑の脇にチョウゲンボウが止まっていました。ここでまず練習です。三脚立てて撮りましたが、さてどうかな?
チョウゲンボウ3-2

次に移動して公園へ。駐車場で準備していたらバーダーに出会いポイントに案内していただきました。梅の木の周りにジョウビタキが出るそうで、間も無く出てきました。
ジョウビタキ2-2

ルリビタキは居るけど、中々撮影しにくいが、と前置きしながら、行ってみましょう、と連れて行ってもらいました。
他に3人のバーダーがカメラを構えていました。程なく、藪から出てきては周りをうろうろ。ルリビタキは初見です。美しいですね。
ルリビタキ2-2

ルリビタキ1-2

ジョウビタキもやってきました。カメラマンから5mの距離です。ジョウビタキは目がまん丸でかわいいので気に入ってますが、八ヶ岳ではわが庭にいつも居ます。
ジョウビタキ3-2

タムロン150-600mmのズームレンズでも20mくらいの距離ならかなり解像度よく撮れますね。次回は絞り開放でなく、一段絞ってみるかな?

ここで知り合ったバーダーは800mmの短焦点レンズも持っているが、重すぎて普段は使わない、コストパフォーマンスが悪い、と言ってられました。800mmは高いし、重いので買う気はないが、500mmを検討中です。テレコンを付けた場合、600mmより解像度が良いようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -