森のテラス作製の下準備

2016年が始まりました。今年は庭造りは何を目指すかな?課題がいくつかあります。どれもDIYにとっては大工事です。

一つは、女房殿のリクエストでテラスを作って欲しいと。写真が計画した場所です。森の渓流の脇で焚き火炉の横ですから雰囲気は最高でしょう。でも、元を取れるほど使うかは疑わしいですが、景色を楽しむだけでも良しとしましょう。


この冬は1160mの高地でも緩く、土壌が凍っていません。今年は未だに土掘りができますので、下準備をしておくことにしました。テラスの脇になるだろう大岩の周辺を掘って、テラスと岩の完成した時の姿をイメージします。この岩は椅子に使えそうですね。


次に傾斜地の下端を掘り取るのでここに土留めが必要ですね。


土留めになりそうな岩を庭で探して、試し掘りして動かせる大きさか確認しておきました。
(八ヶ岳南麓の高原はおそらく太古の昔山容が崩落してできたのでしょう。そのためか土を掘ると岩がゴロゴロ出てきますし、泉が多い)

テラスに使う枕木が根太に3本、床に20本。その他斜面の階段に18本。テラスに23本ですから合わせて41本ですが、枕木は曲がっていたり、腐れていたりしますので、予備も入れて45本は必要です。

安い枕木をインターネットで探しましたが、運送費が高いので、結局単価は高くても地元で買うのが最安でした。
工事開始は4月ですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -