天体望遠鏡をもらった

今回も夜は雲が出てアンドロメダは撮影できなかった。今年は天の川も撮影できず。春から秋の終わりまで週末ごとに雲がわきました。

今日は亡くなった叔父さんが天体望遠鏡を残していたので、「要らないですか?」と聞かれ、阿佐ヶ谷まで頂きにいきました。

レンズが200mmのシュミットカセグレン式?望遠鏡でした。


調べるとcelestron8 2000mm f/10。1970年頃の名機のようで、未だにオークションで50000円前後で取引されて居るようです。
シュミットカセグレン式は難しそう。さて、小生に使えますかね?
今持っている屈折式は土星は輪が見える程度ですが、これならもっと大きく見えるようです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30