雑草に覆われる畑

千葉の自宅の四街道は、典型的な里山の地域で、カブトムシ、クワガタ、ヤマドリ、キジ、タヌキはよくみかけます。普段から田舎生活なので、千葉でも菜園を楽しんでいます。先週 八ヶ岳の草刈りを終えたら今週は千葉でもうシーズン二回目の草刈りで、草刈りは好きでも連チャンはいやですね。しかし、草払機が始動しません。プラグを抜いて掃除して、空気口のフィルターのスポンジは古くてぼろぼろなので外して、燃焼室は乾燥させて、再度始動を試みましたが、点火しません。構造が簡単なので修理できないはずはないのですが。草払機は車に積むには長くて千葉と八ヶ岳を行ったり来たり運ぶのも面倒なので、修理は後回しにして、八ヶ岳用に新品をあと一つ買って、草刈開始です。古いのはじっくり修理します。多分、問題は燃料が古く、中のガソリン分が蒸発して点火しにくくなっていると想像してます。1時間くらいで草刈りは完了です。その後 刈った草を整理して、畑の周りなど機械で刈りにくいところを釜で刈って完了です。
畑は冬の好物の鍋のためにそろそろネギの支度で、草抜きと土起こしをしないと。下仁田ネギの種を春に蒔いて置いたのですが、種が古かったらしく、ほとんど発芽して居ません。仕方ないので苗は買って来ましょう。キュウリの二期作も開始しないと一期目のキュウリはそろそろ終りです。
2013-06-30 003_01
(草に埋もれた畑)

  作っても食べてくれる人が居ないので、写真でご覧の通り畑が遊んでいます。特に夏の実ものは保存ができないので、作る量が減りますね。多分、とうもろこしも20本植えても食べるのはせいぜい4本か?でも、余ったら八ヶ岳で鳥、リスにあげよう。
2013-06-30 005_01
(草刈と畑の草取り後  畑が空いてほとんど遊んでいる)


 キュウリは1シーズン持ちませんが、ナス、ピーマン、トマト、カボチャ、ゴーヤ、オクラは一期作で十分ですね。キュウリ、エンドウ、インゲンなどの蔓物は新たな蔓に次次実がなるので、収穫が始まると早いですが、終わりも早いので キュウリなんかは2回以上時期をずらして育苗しないと1シーズン持ちません。
オクラの種を蒔いて置いたのですが、収穫は絶望です。オクラの苗にはアブラムシが付きやすく、苗の間は、ポットで育苗する、アブラムシの薬剤を散布するなど丁寧に育苗しないとオクラは育ちません。ただ、一旦成長すると食べきれないくらい収穫が続きます。分かっちゃ居ても、オクラは意外と面倒です。
高々50から60平米くらいの畑でも維持するのは大変です。まして、跡継ぎの居ない農地など想像もできない苦労でしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

キャブ

草刈り機はお察しの通り古いガソリンがキャブの中で腐ってると思うので、キャブクリーナーかなんかで燃料のIN側からざーっと洗浄するだけでも発動すると思います。本当はOHがいいんでしょうが、ちと面倒ですね。
ウチの5~6平米の畑でも大変なんで50平米なんて面倒見きれません(汗)
ちなみにウチのオクラは、ポットから苗育ててある程度でかくなって植えたら花が咲いて実が出てきました。
最初、小っちゃいまま植えたらネキリムシに速攻やられて倒されました(-_-;)
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -