千葉の里山で野鳥撮影

昨日から梅雨明けのような真夏日ですね。今朝は朝早くからカワセミの撮影に出かけました。ここは、子供達がメダカやザリガニ捕りにやってきますので、早朝しかカワセミは出てきません。

手持ちの望遠ですから重くて、シャッターチャンスをじっと待つことができませんので、餌を捕った瞬間などの動きがある絵が撮れません。


昼までゴルフを習いに行って、また、涼しくなり始めたら野鳥を探しに出かけました。 カメラマンの車が停まっていますので、撮影ポイントは直ぐに分かりました。皆さんサシバのシャッターチャンスを待っているようです。
まずは、白鷺 二様。



餌を捕る姿。残念、逃げられた!

次はアオサギ。


締めは、サシバ。いつもいた所から居なくなっていましたが、場所を変えて営巣したようです。


追記
サシバは主にカエルとかバッタなどを食べているようで、鷹の精悍さの割にはショボい食性ですね。だからか、谷津田周辺に住んでいるのでしょうね。むしろ小型の鷹であるツミや隼の方が小鳥を捕獲するなど、猛禽らしいです。確かに、動物を捉えるには、力よりも俊敏性が必要なのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -