恥ずかしいタマネギの収穫

タマネギの葉が倒れ始めました。これ以上の成長を期待しても無理そうなので小さなタマネギを収穫しました。早く植えた方は、4月の悪天候の前に成長して今年でも大玉に育っていますが、我が家のはまったくダメ。これでは子供たちに配るのも気が引けます。


タマネギが育つ時期は日照不足、その後は逆に高温、かつ水不足。梅雨になってから収穫のはずがもう葉が倒れて、収穫になってしまいました。

原因は天候だけではないでしょうが、八ヶ岳に通うようになって畑作りが雑になっているのは確かです。中でも、雑草取りはサボってます。耕運機で耕してすき込むだけ。

そのためスギナがめちゃくちゃに増えました。気になる雑草のスギナを退治をしてみます。スコップで深掘りして、スギナの地下茎を取ると良いでしょうが、とてもそんな体力と時間はありません。本当は避けたいのですが、ランドアップで除草してみます。地下茎を枯らすために2倍程度に薄めて、飛散しないように刷毛で塗りました。言われるように地下茎まで枯れるかな?農薬を使うとお隣さんに嫌がられるでしょうが、一言断りを入れてから。

午後は暇。ホームセンターにフウチソウが有りましたので、八ヶ岳の庭に植えるため買っておきました。


ついでにゴーヤを買って来て、グリーンカーテンの準備して今日の土いじりは完了です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -