千葉の里山の野鳥

居間から見えるお隣の軒先に毎年雀が住みついています。今年も雀のご夫婦が入居のようです。


早速ベッドマットなどを運び込んで新居を整えています。後一月もしたら雛の鳴き声が聞こえてくるでしょう。雀だって可愛いものです。若い頃、巣から落ちた雀の雛を育てたら手乗り雀になったことがあります。雛の育て方の基本は、餌は高タンパクかつ野菜をすりつぶしてあげることです。穀物だけでは育ちません。


今日は良い天気だし、暇なので千葉の里山に野鳥の撮影に出かけて見ました。
今年も近くの公園にツミが住み着いています。じっと枝に止まっていたツミが地上に降りて、地べたに這いつくばっています。何してるのだろう?
ツミ_01

その後、どこかに飛んで行ったかと思うと5分程度で戻ってきました。どうやら狩をする前に地温で体を温めるようです。獲物をぶら下げて帰ってきました。スズメのようです。そう言えば、ツミは漢字で、雀鷹と書きます。写真はむごくないものを載せておきます。
2015-05-17_01.jpg

一転して、ツミのすぐ近くに住んでいる山鳩の仲睦まじいご夫婦。ツミの近くは、巣を狙うカラスをツミが追っ払ってくれるのでオナガなど中型の鳥は好んで巣をかけると書いてあった。賢いね。
山鳩_01



千葉でタラの木の根を切って埋めておいた芽が発芽しました。タラの木は強いですね。これを八ヶ岳に植えてタラの木を増やします。ただ、タラの木は森の景観に合いそうにないので、物置や薪棚の陰にでも植えよう。でも、タラの木って陽樹なんですね。日陰の木と思ってました。


ついでにモッコウバラとカクテルローズを挿し木しておいた。これも八ヶ岳に来年移植しよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -