物置の製作図を書く

八ヶ岳はヤマナシ、コナシが咲きそろい、若葉の濃淡のある緑が美しい時期ですが、今年は千葉で自治会の班長の役が回ってきて今週は行けません。

今年のニンニクは、葉っぱを見ているとそこそこできているようでしたが、お隣から「まったく大きくなってないよ。掘ってみて」と言われて抜いてみました。確かに、ニンニクは大きくなっていません。芽も出ないのに葉が黄色になっています。3月下旬から4月中旬まで雨が多かったので、日照が足りなかったのかな。


タマネギも同じで、太る前に葉が黄色になってます。


こうして毎年の気候の違いをしみじみ感じます。今年の良いのは、豆ですね。

女房殿が小生の代わりに自治会に行っている間、八ヶ岳に作る予定の物置の製作図を書いて、材料を拾いました。パーツごとに製作図は書いて置かないと、作りながら考えたのでは、間違えたり、施工できなかったり、材料が不足したり問題が起きます。「GちゃんDIY奮闘記 」を参考にさせてもらいました。

物置は、1820×900mmの大きさで、2×4で作ります。頭を痛めるのが、外壁です。合板だと湿気ですぐに剥がれてくるし、その上にモルタルを塗る作業は大変だし。サイディングは高いし、結局、1×4の無垢板を貼って、さらに防腐塗料キシラデコールを塗ることにしました。



(完成イメージ)

色はどうしようかな。もう少しデザインを工夫しないと。


(各パーツの製作図)

材料は、
束石 4個
砂利、セメント
1×4 6ft 37本
2×4 6ft 28本
2×6 6ft 6本
耐水合板 910×1820 6枚
アスファルトフェルト
アスファルトシングル
金具

大体 50000円くらいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -