猛虎野球観戦

 今シーズン 2回目の野球観戦です。阪神タイガースが千葉にやってきました。例年、交流戦で千葉にやってくる時期は、梅雨の最中で、雨中での観戦でしたが、今年は、5月中にやってきましたので、快適でした。今年の1回目の観戦は東京ドームで、対巨人戦でした。2点リードを守りきれず、延長戦に突入し、辛勝でした。千葉の家に帰り着いたら12時を過ぎてました。
 私は、九州、福岡県 飯塚市生まれの大阪、守口育ちのため、当然のように阪神ファンです。が、球団には言いたいことがあります。ロッテマリンスタジアムですら、阪神側は満員。ロッテ側は、空席があります。
2013-05-25 006_01
(QVCマリンスタジアム 満員の阪神側  チケットを手に入れるのが大変なんです)


2013-05-25 005_01
(空席の見えるロッテ側)


2013-05-25 008_01
(さあ、7回。恒例の風船)


  敵地でもすごい動員力です。平均観客数は、34000人前後で、巨人についで2位です。このためか、巨人に次ぐ金満球団で、以前の巨人がいつもやっていた(世間では嫌われていた)、「他球団のエース、4番をかき集める球団運営」でしたが、ここ10年くらいは巨人は、若手育成に力を注いで強いチームになりました。一方、我阪神タイガースは、ずっと、他球団、特に広島(広島ファンの方、ゴメン)から一流選手をかき集める手法で、チームを強化し、ある程度は強くなるのですが、2軍などの次レベルの選手の層が薄いので、一年間戦い続けるには、全体の戦力不足で、優勝できるレベルには達しません。今年は、大リーグ帰りの、西岡、福留で強化できました。自チームで育て上げた一流選手がいないために、自前の監督を輩出することにも、事欠き、今は、あの地味な、和田監督です。
 さて、今回は、タイムリーが多く、6安打で5点。対するロッテは、6安打の時点で1点で快勝でした。でも、この強さを維持するのが大変で、昔は、夏の高校野球を境にして急速に負けが込みました。さて、今年はいつまでもつのやら。阪神ファンは、本当は、阪神の強さを信用してません。そんな性格では、阪神ファンであり続けることはできません。阪神ファンは昔より確実に増えています。それが、大阪経済の地盤沈下、東京(中央)への反発と同期していると思うのは、関西の僻みでしょうか。
 今回はロッテファンの長女と一緒で、格別楽しかったです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -