千葉の里山でバードウォッチング

千葉の家は里山の間に広がった住宅地でいろいろな野鳥が居るようです。朝から雉の鳴き声が聞こえるし、最近では聞けませんが、フクロウの鳴き声が聞こえていたこともあります。

まずは、隣の住宅地の公園に毎年ツミが営巣するらしいので行ってみました。誰もカメラマンがいませんので。いやな予感です。残念ながらツミはカラスに巣を取られたらしく、今年は別の場所に行ってしまったみたいです。

仕方ないので、近くの湿地に行ってしばらく待っていると、まずは、カワセミが登場です。あまりにも遠いので、解像度が落ちる写真になってしまいました。
2015-04-26 076_01

上空を猛禽が舞っている。目の前の電線に止まったが、少し逆光気味。
写真で確認するとサシバのようです。
2015-04-26 060_01

森の中では、オナガが巣作りしている様子で、枝を咥えてせっせと運んでいます。

野鳥撮影の初心者で、飛んでるサシバ、カワセミの撮影に挑戦しましたが、どれもひどいピンボケ。D200のオートフォーカスではとても追えませんでした。ベテランはマニュアルでピント合わせをするらしいが、とても無理。下手は道具に頼って、ニコンD7100でも買うかな。これは51点のオートフォーカスかつ、連写は7枚/秒ですから初心者でも綺麗に撮れるかも。
2015-04-26 088_01
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -