大砲レンズで野鳥撮影

今日 日曜日は朝から粉雪。超望遠カメラの仕度はできたので撮影しようと待ち構えてますが、小鳥のレストランは来客なし。


10時過ぎにようやくシジュウカラが来客です。小鳥撮影でCanon Power shot SX50HSとTamron 150-600の比較ができます。

最初の写真がTamronレンズでの写真。絞り優先で6.3にしてあります。
2015-03-01 nikon 004_01

次の写真がCanon Power Shot の写真です。
2015-03-01Canon 010_01

Tamronの方が周りのうるさい枝などがぼけて鳥が引き立っています。でも、小枝の中の小鳥にAFでフォーカスするのは難しいですね。(注 power shotの設定を、絞り開放、露出を少しマイナスに設定して次回撮影してみます)

Tamron150-600ズームレンズは、相当に軽いほうですがそれでもこれを片手に鳥を探して散歩してみると、重さが腕に応えます。やはり散歩のお供は、Power Shotですね。

今週の遊びは以上で、天気も悪いので、早々と千葉に戻ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大砲ですかぁ・・・

こんばんは。

鬼に金棒的なレンズ、すごいですね。
私も、野鳥レストランを経営?していますので、彼らのダイナミックな飛翔をいつかは撮りたいと思っているのですが、なかなか思うとおりにはできません。

修行あるのみでしょうか? (^_^;)
頑張ります。

Re: 大砲ですかぁ・・・

返信ありがとうございます。きれいな飛翔写真ですね。小生はまだまだ初心者なので、これから訓練です。

折角真近でフクロウに出会ったのに残念な写真しか撮れなかったのが、150〜600mmレンズを買うきっかけですが、ファィンダーを覗きながら鳥は追えません。練習します。

そろそろ畑の季節ですね。今年も八ヶ岳では、花豆を栽培する予定です。
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30