大晦日はゆで卵の燻製に芋棒

いよいよ大晦日です。今日も野鳥レストランは繁盛しています。でも、ヤマガラは居ないみたいです。





ゆで卵は日持ちしないので大晦日に登場です。これで、毎日毎日燻製作りです。実は、燻製って、味が濃くて、似ているから、美味いが飽きるんですよ。

卵の燻製は初挑戦です。卵を半熟になるように6分ボイルしたら、氷水で急冷すると同時に、殻を叩いて亀裂を入れます。そうしておくと、殻が簡単に剥がれて、綺麗に仕上がるらしいですが、実際は上手く剥けませんでした。

卵が冷えたらソミュール液に3時間浸して(あるレシピでは、なんと一晩漬けてと書いてあるが、どうも塩と醤油がキツすぎるし、これで12時間では、塩から過ぎると思い、3時間にしました)下味を付けてから燻製します。卵だけだと勿体無いので、シャケも一緒に煙をかけました。


出来上がって味見すると塩が勝ちすぎ。半熟ではなく、完熟。不味くはないが、客には出せない。このインターネットで調べたレシピは、間違いだらけ。よく、ヤッフーの質問箱にも、間違いだらけの回答がありますよね。あれと同じです。


女房殿は我が家の正月料理の定番である棒ダラ煮です。毎年1尾の乾燥マダラをインターネットで購入します。

(乾燥したマダラ)

出来上がり。最高に美味い珍味です。息子達の家にもおすそ分けします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -