秋野菜の植え付け

千葉の休日。午前中は小雨で畑作業はできません。しばらく小鉄と遊んで雨が上がるのを待ちます。

チワワの小鉄は、家族には甘えん坊ですが、よその人には警戒心がとっても強く、少しの物音でも吠えながら音の方向に走り、外では他人には全て吠えかかり、機嫌を悪くすると飼い主にさえ噛む動作で威嚇する、とっても気性が激しく、家族意識が強い性格です。これは小鉄の個性かな?と思っていたら、チワワはどこも同じような性質のようです。こう書くと、可愛くないペットのようですが、とっても家族を守る意識が強く、感じていることが直ぐに顔にでて分かりやすい。賢く、日本語が分かります。小生は犬語は分かりませんが。可愛いワンコです。

今日は、そんな小鉄特集です。


ハンサムな小鉄です。


何を憂いているのか?


嬉しいな。散歩に行ける。


小鉄は、シマウマのマサオがおもちゃです。


トト、もう寝ようよ。

雨が上がるのを待つ間、トトにくっ付いて昼寝です。


千葉の畑に石灰、堆肥を入れて2週間経ちました。この間、雨は十分降りましたので、もう土は馴染んでいるでしょう。

大根、白菜は種を蒔いてから新芽がバッタ、コオロギに食われないようにシートで覆いました。周りが草原なのでこれをしないと全滅します。大根の新芽は食われないはずですが、念のため。
白菜は初期の生育が大事で、土作りで結果は大きく変わりますね。だもんで、白菜の畑には、さらに自家製堆肥をすき込んでいます。

ほうれん草、春菊も種まきしました。春菊は、霜が降りるとダメになるので、11月には、ビニールで簡単に覆います。

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーは、色々な種類の苗を買って植えます。種類を変えないと、一時に食べ頃になってしまいます。カリフラワーは特に、全部同時に収穫時になります。でも、種類を変えると収穫時期が微妙にずれます。収穫時期を植え付けの時期で調整しようとするとなかなか面倒ですね。


苗を植えたら全体を網トンネルで覆ってバッタ、青虫から苗を守ります。家庭菜園ですから薬は一切使いません。周りの草原のバッタ、コオロギ、蝶々まで薬で駆除はできませんから。


畑作業のついでにニンニクを植える準備もしておきました。三家族分ですから、100個位は植えよう。

もうしばらくしてから玉ねぎ、ソラマメ、エンドウ豆の畑を準備したら春まで土作業は休みです。やれやれ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -