嫁の手料理

3月に結婚した長男夫婦と六本木ヒルズDAL MATTOでイタリアンで昼食を楽しみました。六本木ヒルズは初めてですが、女房殿は三回目とか。知らぬ間に結構うまいものを食べてるんだ。色々なワインをいただきましたが、これというものには出会えませんでした。

昼食の後は、中落合の自宅での晩御飯の手料理に招待されました。久しぶりに息子夫婦とゆっくり話せるのが楽しみです。これまで、結納、結婚式などフォーマルな場が多く、親子でゆったりと話せてません。
嫁は料理が趣味らしいので、自信があるのかな?

実は、若い娘の料理は、今風の味付けで、昭和の味で育った小生には口に合わないかなと先入観がありましたが、なんと何と、いけるではありませんか。下味の出汁がしっかりしており、どれも美味い。その上、素材が酒の肴にピッタリです。さすが、飲み助の嫁です。



何年か経つと、もっと息子の口に合った味付けに変わることでしょう。そうなると学んだ味から、家の味に成熟するでしょう。先が楽しみです。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -