万能巣箱をつくる

今日は梅雨明けを感じさせる夏の陽気です。小鉄は涼しい所で涼んでいます。

トト、暑いね。

今年初の台風が来ました。それも経験のない非常に強く大型。温暖化の影響なのでしょうか?「これまで経験したことのないような・・・」のフレーズを聞くことが多いような気がします。

八ヶ岳南麓も土石流が過去に発生しており、人ごとではありません。別荘を探しておられる方は、県の作成した土砂災害警戒区域マップを是非チェックすることをお勧めします。

八ヶ岳に春に植木を植えましたので、台風に直撃されると倒れてしまいます。とっても心配しました。でも、足が遅いので、近づくにつれ急速に弱まりました。が、逆に遅い分、雨量は半端でなく、大きな被害が出ました。自分勝手で申し訳ないのですが、八ヶ岳は大丈夫そうです。千葉は上陸したと言っても、風も雨もない、平穏な朝でした。

八ヶ岳の森に巣箱を3つ掛けていたのですが、シュロ縄で取り付けた一つが落ちてしまってました。営巣してなくて良かったです。

だもんで、巣箱を作りました。これまでシジュウカラは、いつも営巣し、子育てするのですが他の小鳥は来ないのが、寂しいですね。

(営巣している巣箱)


(雛に餌を運ぶシジュウカラのとうちゃん。巣箱に帰ってきたら周りの枝に留まって、「帰って来たよ」とさえずってから巣箱に入ります。)

フクロウ用巣箱も面白いかなと思いますが、声を聞いたことはないし、姿を見たこともないので、来ない可能性が高い。
調べると万能巣箱なるものが、インターネットに紹介されています。カラ類はじめコノハズク、ブッボウソウ、ゲラや動物も利用するらしい。入り口が90mmとかなり大きいが、何が来るか楽しみなので、これを作って掛けてみます。アカゲラやリスを見かけますので、定住してくれると楽しみが一つ増えます。

(中型野鳥用の巣箱)

工具がほとんど八ヶ岳にあるので、千葉にある工具で作ったので、丸が円ではないですが、そんなこと動物達は気にしないでしょう。これを八ヶ岳のシラビソの大木に取り付けましょう。だが、高さは5mが良いらしく、梯子を垂直に木に結わい付けるしかない。体を支える細工も必要です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30