超望遠コンデジ買っちゃっいました

八ヶ岳で出会う生き物たちの写真を撮りたいのですが、散歩に一眼レフを持ち歩くのは厄介だし、その上、さらなる望遠となるともっと難儀だし。いろいろ調べるとすごいカメラがありました。

キャノンpower shot SX50 HS買っちゃっいました。もうすぐ、後継機の光学倍率100倍の製品がでるとの噂がありますので、待った方がよいのか迷いました。
でも、このカメラ、光学ズームで1200mm、デジタルズームで2400mmの超望遠のデジカメです。このくらいになると、三脚で固定しないとブレてしまうのですが、これは手ぶれ補正で三脚無しでも、超望遠撮影ができるらしい。野鳥の撮影には、十分で、もってこいです。


同じクラスの写真を撮るためには、一眼レフで400mmとか大型望遠レンズかフィールドスコープにデジカメを付けるか、で、いずれもかなり高額です。しかも、三脚が必要で、シャッターチャンスは一瞬なのに機動性がありません。

こんな問題をこのコンデジ 35000円で解決できます。試しに、スズメとヤマバトを撮ってみました。

24mmで撮った写真 どこに居るのか分かりません。


500mmで撮った写真


2400mmで撮った写真


15m離れたスズメ


いかがでしょうか?朝靄の中で、逆光で撮ったので画質は悪いですが、条件が良ければ、かなりの画質の写真が撮れるでしょう。これ手持ちのズームです。すごい。とっても使い勝手が良さそうで、散歩のお供に持ってこいです。これで餌台には来ないカケス、キツツキ、鹿などの動物達の写真も撮れますね。

こんな技術を天体望遠鏡に使うと80mm口径でも300倍くらいできそうですが、なぜか光学だけに頼っている。

ですが、これを横で見ていた女房殿、「これ私に買ってくれたの?」
「・・・もっ、もちろん、そっ、そうだよ(汗)。」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -