八ヶ岳で新緑の庭を楽しむ

連休後初の八ヶ岳です。半年ぶりに娘もやってきました。カッコーが鳴いています。高原の春本番ですね。湿度も上がり、空気の透明度は落ち始めていますので、鮮やかなブルーの空を背景にした雪山ではなくなりました。山々の雪も大分少なくました。
2014-05-25 005_01
(甲斐駒ケ岳)

2014-05-25 010_01
(八ヶ岳 赤岳)

作業とゴルフのやり過ぎで、筋肉痛が回復しませんので、今回は重労働はなしです。

前回は随分庭の下準備をしましたので、庭の新緑がたのしみです。が、鹿の食害も同時に心配です。

庭の木々は新緑が美しくなっています。木は植えてから完全に定着するまで3年が必要らしいので、これから毎年綺麗になることが楽しみですね。

ズミが満開で白い花に少しの緑が混ざり実に綺麗です。庭のデザインは、春の今頃と秋の紅葉と両方考えないと、一シーズンだけじゃもったいないです。

2014-05-25 014_01
(植えてもらった目隠しのイロハモミジ)

ミツバツツジは、咲いていますが、お隣によると盛りを過ぎています。ヤマツツジも咲き始めていますが、こちらはまだ、ちょっと早い。来週かな。

2014-05-25 012_01
(盛りを過ぎたミツバツツジ)


芝生は、昨年6月に種から育て、3月に芝焼きしてから連休に雑草取りして、肥料をまいておきました。でも、モグラにボコボコにされていましたが。どうなったかな?
随分、緑が濃くなりましたが、

(手前は後で追加したマットの野芝)

実は、
近くで見るとモグラに庭中荒らされ凸凹です。ひどすぎです。芝生の下は全部モグラの穴ではないかと言った状態です。駄目元で対策せねば、モグラはやりたい放題です。


ロックガーデンに去年植えた花たちは、随分再生しませんでした。また、植え直さないと。ブルーベリーは生きていますが、ビルベリーは枯れたようです。秋植えの苗は、まだ、根が浅く冬を越せないのかな?ラズベリーは、元気で暴れ始める気配です。


玄関の通路脇に植えたクリスマスローズは、昨年の春に植えたのは大丈夫でしたが、秋植えの苗は全滅です。これも厳しい八ヶ岳の冬を前に十分な力を付けるには、成長する時間が不十分だったのかもしれません。


草ソテツは、玄関アプローチの半日陰と裏の渓流脇に植えておきました。渓流脇のは発芽してますが、玄関アプローチのは発芽していません。水分が不十分で枯れたかも。

さて、今後の庭作り計画。
ポール スミザーさんの助言に従って、野原を花壇にせず、雑草を生かしながら小径をつけるだけでナチュラルガーデンにします。小径の材料をあれこれ調べました。気に入ったのが、乱形石を密に敷かないで、飛び石にしました。安いし簡単だし! これを木々の間をくねらせて作るかな。まずは、2平米分だけ乱形石をリーベの通販で買って、試しに置いてみました。いかがでしょうか?


下地を作って、もう少し丁寧に石を配置して、周りが草で埋まって、石がもう少し汚れれば良いようなので、次回小径作りです。これなら、10mの小径を7000円弱できます。思い立ったら即行動したくなるのですが、筋肉痛のため、その内工事しよう。でも、すぐに梅雨だし、真夏だし、工事は秋になるかな。

結婚記念日でもあり、娘を連れて大泉のカーティスクリークさんでディナーにしました。長い間、ありがとう、とは、娘もいるので、言えませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -