なんとゴルフコンペ参加です

まだ、ゴルフは三回目なのに無謀にも会社のゴルフコンペに参加しました。成田の白鳳カントリーです。


同伴者に迷惑をかけないように、打っては駆け足です。あぁしんど!TVでゆったり歩くイメージと違うじゃん。でも、天気はよいし、暖かいし、最高です。芝生の緑も前回より格段に色濃く、爽やかです。


ゴルフ仲間からゴルフの短編小説を借りました。会社員の様々なゴルフが描かれています。スコアーを過小に申告する者、手でボールを投げる者、置き変える者などが描写されています。いろいろ拘りがあるのですね。実は、30年くらい前にゴルフをやめた原因が、それでしたが。人の裏側が見えてスポーツの清々しさが感じられなくなった。
でも、小生にとってゴルフは、競うものでなく、自分一人で楽しむものと思っています。なので、小説で描かれたゴルファーの心理が、今は理解できませんし、他人事です。と言うより、一打をごまかしてどうこうなるようなスコアーでもないし。これが、100を切る、小生にはあり得ませんが、90を切るなんて局面になれば自分もやるかな?


先のゴルフでは、実は後半の16ホールくらいから早くやめたいほど疲れました。連休のウッドデッキ作製、畑作業、庭作り、薪割りと連日の肉体労働に加えて、前日に練習で打ち過ぎて肩と腰が痛くなってしまいました。ゴルフの翌日から、病的な肩痛で、副作用の強い薬を使ってしまいました。だもんで、今回は、事前練習はなし。力まないで、軽く打とう。

コンペ前日にブービーメーカーの本命がドタキャンしました。小生に、その不名誉の可能性が高まります。頑張らないと、ヤバー。

で、結果は、下手くそなりに2つも賞品をいただきました。15打もの大波です。


特にパターは依然無茶苦茶です。午前中だけで29。午後は、22。合計51。練習場ゴルファーですので、バンカーとグリーンは分かりません。

後日談
パターの大叩きの原因が分かりました。自宅に練習用のパターマットを買って来て毎日練習しました。これが問題です。マットには必ず、最後に駆け上がりとカップがあります。この駆け上がりのため、距離以上に強く打ちます。例えば、1mだと2m以上打つくらいにしないと駆け上がりを登りません。だもんで、カップに入らないとかならず、1m以上逆側に行ってしまいます。アホなことに今頃気づく、自分のアホさ!(関西人は、アホと言います。バカと言うときつくなります。)



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -