fc2ブログ

明けましておめでとうございます

コロナで始まり、コロナで乱された年が、コロナ問題を処理できないまま新年にも越年させてしまいました。政治家、医師会、官僚、どうして共闘して国難に立ち向かえないのでしょうか。これくらいの感染者数で、みんな我先に警報を鳴らして、これより先は我関せずと、関係者圏外に逃げ出し、利権を損なわれるのを恐れて、マイナス点はなかったかのように沈黙、もしくは責任を転嫁し。軽い問題では、みんな協調、協力して、あたかも善人面するが、問題が深刻になると我先に逃げ出す、外見が美しく見えるだけの日本民族かな。戦前の大戦に進んでしまう過程も、そうだったように見えますね。

最近は歳のせいか、世情がさせるのかこんな嘆きが増えています。

話題は突然変わります。八ヶ岳でフクロウを撮影していた時、その事故が起きました。風は少しだけ強め程度でした。カメラをセットした三脚を建てて、フクロウの登場を待っている時でした。突然、風が強くなり、少し危ないかなと感じて、カメラを見た時でした。三脚ごとカメラがスローに傾いていき、倒れていきました。

柔らかい草の上に倒れたので、大丈夫だろうと思ってたら、驚き。目に飛び込んだのは、何これ?
被害が大きいのです。まずは、レンズを支えるサポートのリングが完全に破断しています。アルミ製だから弱いのですね。
2021010114155034f.jpg


それだけかと思ったら、さらにビックリ。テレコンとレンズのジョイント部が変形してます。
202101011417470cb.jpg


かめらは大丈夫でした。ゴ−ヨンのレンズはこれから修理に出しますので、被害はわかりません。
反省その一。風で三脚が倒されるのは、何度か見て、分かっていたのですが、ちょっと危なくなってきたと思う程度でも、倒れることがあるのですね。皆さん御用心下さい。

反省そのニ。ソフトな枯れ草の上に倒れた程度でも、レンズは重いので、ダメージは小さくないです。落とさの割に、アルミ製の部品は華奢です。御用心下さい。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -