薪作り

小鉄は出来立てのデッキを怖がって居たのですが、慣れて来たら外なのでお気に入りです。小鉄用のフェンスだけ付けておきました。後は、そのうち。


次のシーズンの薪の準備をしました。杉の薪から白樺、栗、欅の広葉樹の薪にチェンジです。よく薪ストーブでは、針葉樹は高温になり、かつ、煙突が汚れやすいので良くないと言われてますが、不思議な話です。薪ストーブが生まれた寒冷な国々には、広葉樹はありません。針葉樹しか無い国で生まれた薪ストーブで、広葉樹しか燃やせないはずはありませんね。どこの誰が言い始めたのでしょう。

薪棚の一つは一杯ですが、寒くなって隔週だとこれくらいで1シーズンは足ります。もう一つはほとんど空ですので、再来年用に薪割りに励まないと。

(即席でつくった足場材の薪小屋 味がないので目立たない所にその内移設せねば)



(SPF材で作った薪小屋 大雪でも大丈夫だった)


コナラの丸太は沢山あるのですが、その前に、欅の薪割りが沢山残っています。


欅はとんでもなく堅いので、薪割りが進みません。斧ではほとんど割れません。楔を3個使ってどうにか割れます。欅は乾燥するほど堅くなり、薪割り機を借りて割った方が良いとのブログが沢山ありますので、放置しておいて、コナラを先にやっつけます。



ついでに、去年作った野芝の庭の報告。モグラに毎日ボコボコにされています。植木屋さんに相談したら、「どうしようもない」と。仕方ない。ここは彼らの土地ですから。

今日は作業はこれくらいにして後は、パノラマの湯とのんびり昼寝して、早々とビールです。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -