ナチュラルガーデンと畑作り

八ヶ岳の春は、5月から始まります。
新緑と南アルプスが綺麗です。



ポールスミザーさんの本を参考にして多年草の苗を買いましたので、野原にイメージしながら配置を決めます。

去年芝庭作りのために手に入れたミニ耕運機で力ずくで耕しました。と言うのも、この耕運機は軽量なため未耕作地では土が硬く、表面を転がるだけで耕してくれません。なので体重を載せないと耕せません。これが思いの外重労働です。しかも枯れ草が車輪にまとわりつき、面倒です。でも、一度耕した所は快適、スピーディに土を細かくして、堆肥を均一に混ぜてくれます。


イトススキを奥に配置して、背の高さの順に花の苗と葉物を組み合わせて手前に植えました。
まずは、ルドベキアとアガパンサスを植えて、花の間にカレックスの葉物、手前にヒメツルニチニチソウのつるを這わせます。今は、苗が少なく貧相ですが、数年経ったら自然な庭が出来上がるでしょう。だんだんと庭全体に広げていくつもりです。しかし、ポール スミザーさんに相談したら、庭全体を花壇にすると疲れてしまいますよ、と。野草の間に小径を作って、野草を整理してやるだけで、自然な庭にした方が良いと。



つぎがアプローチ脇のクルミの半日陰の庭です。クサソテツ、クリスマスローズ、ギボウシ、シュウメイギク、竜のヒゲが植えてあるのですが、奥側にフウチソウ、アジュガを取り混ぜました。


次にジャガイモ、花豆の畑の耕作です。千葉は土が悪くジャガイモには向いていませんが(粘土層なのでジャガイモの肌がザラザラになるし、収穫が梅雨時のため腐りやすい)、八ヶ岳は清涼な気候で美味しいジャガイモ、花豆が期待です。ただ、花豆の葉は鹿の好物らしいので、周りにネットを立てないと。面倒ですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -