春の芝焼きとウッドデッキ作業

千葉は大分春めいてきましたが、ここ八ヶ岳の気温は未だ千葉県人から見ると冬です。でも、太陽の輝きは高度に関係なく、春うららです。八ヶ岳大泉も雪はほとんど溶けました。ちょっと、まだ残っています。

春めいて来るとむしろ森の餌が底をついて来たのでしょうか、リス、カケス、アカゲラ、カラ類の小鳥達が裏の森にやってきています。望遠レンズの写真は、直ぐにはアップできないので、ありません。

巣箱を一つ増やして三つにしました。去年は、二つとも使われていましたが、裏の森なので気がつきませんでした。新しい巣箱は、リビングから見える所に設置しました。今年も小鳥が入ってくれるかな?


鹿の姿は見えませんが、糞はたくさん落ちてるし、木の皮がかじられています。この木は、全周樹皮がなくなっていますので、枯れるかも。鹿はきっと寝静まった頃に出て来ているのでしょうね。



植木屋さんによると、この木は、ミズキと言うらしく、どんどん大きくなり、家の方に光を求めて伸びるので、早く切ってしまった方が良いらしい。今度、切って紅葉を植えよう。


小鳥とリスは歓迎なので、餌台にたっぷりのヒマワリの種、クルミ、ファットボールを入れてあげました。

去年種から育てた野芝は、あの雪の中で大丈夫でしょうか?今回の予定の作業は、芝焼きです。まずは、消火用の水を用意してから、雪の重みで張り付いた枯芝をレーキで起こし、ガスバーナーで焼きました。



芝焼きのために長めの芝にしておきましたので、どんどん燃え広がり、バーナーは必要ないほどで、あっという間に完了です。でも、確認したら下の方は燃えていません。これでよいのでしょうか?



ウッドデッキの束石の設置を始めました。深さ60cm以上穴を掘って、砂利を入れて固めます。この辺りは凍結深度が60cmなのです。砂利の上にモルタルを入れて束石を置きますが、水平を出すのに重い束石を置いたり、出したりが大変で、1つ設置するのに小一時間かかり、3個がやっとでした。束石の上面にモルタルを被せて水平を確保する方がはるかに楽で速いでしょう。




後9個設置しますが、疲れたし、飽きたので、次回にします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30