FC2ブログ

カワセミからハイチュウに転戦

明日から4,5日雨か曇りの天気予報です。だもんで今日は何が何でもハイチュウの雄を撮影したく、朝はカワセミ、夕方はハイチュウの二本立てです。この言葉を書いてからふと思ったのですが、今の若い人は「二本立て」の言葉は分るでしょうか?小生の世代が若いころ、映画は総天然色で二本立てが普通でした。一回入場で二本の映画が上映されるのです。今は二本上映なんか聞きませんよね。

話は戻って朝のカワセミは一応撮影したのですが、やはりピントが甘い。このブログを見ていただいている方には分からないかもしれません。ブログに載せるために、写真は大幅に圧縮してますので、ブログの写真は厳密には解像が悪いですので。
カワセミ_00191121

カワセミ_00191121_01

そして昼食後、夕方のねぐらにもどるハイチュウを狙って車を走らせました。まずは狩り場であるはずの葦の原についてみると、カメラマンの車が1台しかない。いつもなら数十台は止まっているはずです。あきらめて夕方にハイチュウが戻ってくるねぐらの葦原に移動すると、地域のカメラマンが10人ほど居られました。尋ねるともう二日 雄のハイチュウは出ていないらしい。予想していた不安がよぎります。先の台風の大雨で、葦原は逃げ場がないくらい水に漬かりましたので、餌の野ネズミ、モグラはほとんど居ないでしょう。だもんでハイチュウはいったん入っても、抜けると予想していましたので、あせって撮影に通っているのです。
雌のハイチュウが2羽飛び始めましたので、雌がいるなら雄もいるかもと期待が膨らみます。夕日で赤味が強い。
チュウヒ_00191121

チュウヒ_00191121_01

チュウヒ_00191121_02

二羽のハイチュウの雌がおかけっこを始めました。
チュウヒ_00191121_03

チュウヒ_00191121_04

そして待つこと1時間半。結局ハイチュウの雄は現れません。毎日通っている現地のベテラン氏は、もう抜けたと結論してました。こうなると先日300枚以上撮影して、SDカードの不調で見られなくなったハイチュウの写真が一層惜しくなります。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -