野生の動物たち

 裏の林を手入れしていて気づいたこと。鹿のフン、シラビソの樹皮をかじった跡。鹿は見えぬが庭に来ているらしい。ここ八ヶ岳では夜の運転は本当に危ないです。度々、道路を横断中の鹿に出会いますが、夜は直前まで発見できません。コツは緑に輝く目の光を見つけることです。
山での生活が初心者なので、ある日残飯を深く埋めて処理しました。翌朝驚くことに、残飯を埋めた所だけが深く円筒状に掘られていました。ご近所に聞くと夜 狐が出てくるらしい。でもすごい嗅覚に感心します。ピンポイントに30cm以上掘っているのです。
庭の朽木を整理していると、木の穴からクルミが続々と出てきました。裏の林には鬼クルミの木が何本か有り、クルミが落ちています。リスが越冬用に溜め込んだのでしょう。冬、葉が落ちると、その姿を確認できました。やはり、リスが棲んでいたので嬉しくなり、さっそく写真撮影ですが、望遠なのでピンボケです。巣の材料を集めているようです。もうすぐ春には小リスが見られるか楽しみです。
餌台にもいろいろな小鳥たちが来てくれます。シジュウカラ、ヤマガラ、シメ、カワラヒワは毎日来ています。アカゲラ、カケスは時々やって来ます。その他、正体不明が多いです。
 野生の生き物の中での生活は会社生活のストレスを癒してくれます。でも、庭の球根やトウモロコシ、ジャガイモを荒らすので、ここでは鹿、猪は害獣あつかいですが、動物たちは人間を害獣と呼んでいることでしょう。
2013-3-2八ヶ岳 009_01
(何かを咥えて巣に運ぶリスなのだが望遠レンズで追いきれない)



2013-3-2八ヶ岳 014_01
(カワラヒワかな?)


038_01.jpg
(ヤマガラ 写真が下手)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -