FC2ブログ

餌台のバトル

今日はとっても良い天気です。寒さは戻っていますが、冬の透明な空気で山々は輝いています。南八ヶ岳の全景です。右から横岳、主峰赤岳、阿弥陀岳、権現岳の前に三頭が被っています。一番左のなだらかな山は編笠山です。
2019-03-24_00001.jpg

そして同じ場所から西を見ると南アルプス。右端は駒ケ岳、左端は第2の高峰の北岳(後ろの真っ白の山頂)
2019-03-24_00001_01.jpg

朝方はクマタカの場所に行ってみました。風が北西のためか稜線のこちら側は飛びません。高く飛んでいるのが点のように見えるだけです。
森の餌台にヒマワリの種を出して四日目。野鳥たちが餌台を覚えて、殺到してきています。特に、カワラヒワとアトリが群でやってきてます。それにシジュウカラ、ヤマガラ、シメ、イカル、アカゲラが混ざります。ゴジュウカラは今季は見ません。カワラヒワは気が強いのか、独占欲が強いのか他を追い払って食べようとします。
2019-03-24_00001_09.jpg

2019-03-24_00001_08.jpg

カワラヒワとアトリは喧嘩しません。二羽で共有して餌を食べ続けています。
2019-03-24_00001_11.jpg

時々アカゲラも餌台にやってきてヒマワリの種を一つづつ咥えて赤松の枝で食べては餌台に戻るを繰り返しています。
2019-03-24_00001_06.jpg

2019-03-24_00001_05.jpg

2019-03-24_00001_04.jpg

2019-03-24_00001_03.jpg

今日も4時半からコミミを見に行きましたが、20人くらいはいたでしょうか。小生は餌捕りの瞬間を撮りたいので、草が低い野原で一人離れて待ちましたが、これが失敗でした。いつもの場所では餌捕りをして、それも草があまりないところだったようです。小生の場所は飛ぶには飛んだがそれだけでしたので、写真はなし。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 餌台のバトル

タケウチ様
ブログにアクセスいただき有難うございます。
お問い合わせの件でございますが、野鳥撮影を楽しむ人達の間では撮影場所を公表しないのがマナーになっております。というのも、人が殺到してきて、私有地に入り込んだり、車道を占有したり警察までも出て来るような事態に至ることがしばしば起きてしまうからです。タケウチ様がそのような方とは思いませんが、ここでポイントまでもご教示してしまうと小生が知り合い達からひんしゅくを買うことになってしまいます。
と言いましても野辺山のコミミは有名場所でして、今更内緒にしても仕方ないのですがね。そこでお願いなのですが、野辺山まで分かれば、車で動き回ればコミミの場所はすぐに見つけられると思います。もちろんコミミですから森などではなく、広く開けた場所です。車が無いはずの場所に何台かの車が止まっているから容易に見つけられるます。小生も動き回って一つづつ野鳥の住処を見つけており、それもこの趣味の面白さの一つです。
なにとぞこのくらいでご容赦下さい。なお、コミミがまだ居たとしても、飛び始めるのは6時前後であり、撮影出来る時間帯に飛ぶ確率は30%程度と低いです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -