FC2ブログ

ようやく明るい時間に飛んだコミミ

毎日午後3時からコミミを見に出かけてますが、飛び始めるのは5時30過ぎ。薄暗くてまともな写真になりません。そんな状況なのに日曜日は車を止める場所もないくらいカメラマンが来てました。今季は、諏訪湖のオオワシは来ないし、他の冬鳥がほとんど来てないので撮影するものがないのですね。小生は、人の多いところを避けて端の更に端で待ちましたが、結局コミミは現れませんでした。

そんは訳で、裏のデッキにカモフラージュのテントを出して庭にやって来る留鳥を撮影しました。


8時頃から鳥たちがやって来るのですが、テントを出すと近くには来ないのです。真新しいものがあるので警戒しているのでしょうか。テントを出して今日で四日目ですからそろそろなれるかな。と思って今日も粘りましたが、残念。
毎日やって来るカケスですが、明かりの良くない単なる止まりものです。
2019-02-25_00001_01.jpg

野鳥を待っているとおなじみのリスが現れました。外見では見分けができないのですが、帰っていく方向を見ているとコーちゃんではなく、メルシーのようです。気になるのは、コーちゃんの姿が見えないことです。杉の皮を剥いで、森の奥に消えていきました。
2019-02-25_00001.jpg

本音はアオゲラを待っているのですが、最初に現れたのはコゲラ君でした。
2019-02-25_00001_02.jpg

アカゲラもやって来ましたが、近くには来てくれません。昨日も、今日もアオゲラも来たのですが、撮影できませんでした。カモフラージュテントに入っていると視野が狭くて、場所を変えられないので、枝かぶりを解消できません。先は長いので、じっくり目の前に止まってくれるのを待ちます。
2019-02-25_00001_03.jpg

そして午後3時。コミミの場所に行って来ました。今日は待ち人は3人だけ。去年ならこんな時間でもコミミは飛び始めていたのですが、今季はほとんど飛びません。4時になったらカメラでも据えるつもりでいたら、顔見知りの常連のTKMさんが車で走って来て、「あっちに出てるよ」と知らせに来てくれました。自分だけで撮影を始めればよいものを、わざわざ知らせに来てくれたのです。あわてて車を移動するか、このままこの場所で待つか迷ったのですが、せっかくの知らせなのでカメラを仕舞って後を付いていくとなんと目の前をコミミが飛んでいます。4時過ぎなので今日はかなり早出でした。車から機材を下して、撮影を始めるとコミミは結局いつもの場所に移動してしまいました。また機材をたたんで元の場所へ移動。やっぱりそうなんです。後を追いかけずじっと待った方がいいですね。期待した狩りの場面はなくて、いつもの飛ぶだけのコミミですが、記録として掲載しておきます。今季は1羽しかいないので撮影できただけでも幸運でした。狩など躍動している場面は、次回に持ち越しです。
2019-02-25_00001_04.jpg

2019-02-25_00001_05.jpg

2019-02-25_00001_06.jpg

2019-02-25_00001_07.jpg

2019-02-25_00001_08.jpg

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -