春に向かって庭木選び

日曜日は曇り、少し雪。

小諸に来たので、懐古園に寄ってから、有名蕎麦屋「草笛」でクルミそば(クルミのペーストに蕎麦つゆを混ぜる)を楽しみました。味は少し甘めです。ここの売りは、味とその量の多さですね。ここでは大盛は無理です。





明日は会社を休んで、小諸の帰りに八ヶ岳南麓のセカンドハウスに立ち寄って春の庭作りの構想を練ります。あまり小さな苗木は、やめたが良いと友人のアドバイスがありました。さもないと、庭が完成を見る頃には、本人はこの世に居ないかも。

離れているが丸見えのお隣からの目隠しの検討です。実測の結果、1.5mの高さがあれば、十分です。コニファーだと雑木の庭に合わないし、半常緑樹のヤマツツジを間を空けて植えるくらいで十分でしょうか?


南側は、杉の木が植わっているのですが、気に入らないので、イロハモミジを4本植えて、育ったら杉を切ることにしました。

(気に入らない杉の垣根)

さらに、西側の倉庫と森の間に明るい空き地があり、倉庫を隠すようにイロハモミジの中木とダンコウバイを植えます。ダンコウバイは、山にいくらでもあるので、自分で掘って移植しますが、まだ、土が凍っているので、3月ですね。完成すれば、赤と黄色の美しい紅葉になる計画です。


今回の八ヶ岳行には、名犬小鉄を連れて来なかったので、夕食はレストランに行くことができました。「カーティスクリーク」さんで、小生がステーキ、女房殿がスペインライス。値段も手頃で、美味い。

(スペインライス チキンのビール煮が美味い)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -