結納の準備

朝は千葉の里山を1時間ほど散歩します。

周辺を里山に囲まれた住宅地です。山の中には薪になる木が沢山切り倒され放置されています。里山は荒れ果てています。千葉なら薪の調達は楽で、多分全量タダで手に入るでしょうが、千葉から八ヶ岳に運ぶのが億劫なのでやめました。これをすると車が汚れ、団子虫も住んでいます。

散歩が済んだら名犬 小鉄の病院です。心拍が速すぎ、心臓の一部が肥大しているらしいです。動物病院に連れて行くと怯えて、心拍数が上がるでしょうからどう判断するのでしょうか?怯えの度合いでドキドキの仕方は個体差があるでしょうから。家で落ち着いている時に測ってみます。

家に帰ると小鉄は安心して日向ぼっこ。と言うより、庭にやってくる猫を見張っているのです。






来週に迫った長男の結納の準備で、家族書と親族書を自分で書くことにしました。調べてみると色々ルールがあるのですね。下書きをちゃんと作っておかないと書けませんね。まずは、PCで原稿を作りました。
毛筆は嫌いではなく、魚拓用の文字の練習もした時期があります。でも、魚拓の文字と同じ字体ではまずかろうと練習しましたが、付け焼き刃ではうまく行くはずはありませんね。でも、自筆の方が誠意がこもっているように感じ、下手な字はご勘弁いただけたら幸いです。

来週末は、小海に出かけ、略式の結納をしてきます。家族書、親族書は良い慣習ですね。これなくして、会話の中で聞くのも、何か探りを入れているみたいで気まずいですよね。次男の時は、嫁が渋谷の出身でしたので、全くの今風で、両家の会食以外何もしなかったのですが、そのため先方の親類関係がよくわかりません。先方も同じでしょう。今更聞くのもおかしいし、タイミングを失してしまいました。
古くても、合理的な慣習は残したほうがいいですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -